MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 勉強会の記事一覧

社内勉強会を開催しました。

2018.03.25 | Category: 勉強会

恒例の育はぐ勉強会を行いました。

 

今回は身体ワークも含めた以下のような内容でした。

 

支援に対して共有すべきことの確認

・当施設(育はぐ)の特徴…東洋医学、土台から育む、受容する姿勢

・最優先すべきこと…生命の安全、身体の安全、財産の安全

・支援員としての主導権の在り方…権威付けではない

 

身体のワーク

・集団の中での身体の感じ方(周りと自分)

・意識の持ち方での身体の変化

・春の身体へのアプローチの方法

 

ちょうど季節の変わり目で、冬の間に縮まっていた子供たちの身体を少しづつ緩めていくことで春の身体になっていきます。金魚運動やワニ体操などはとても気持ちの良いものです。支援をする立場でも同様で自分たち大人も身体をしっかり季節にフィットしていきましょう!

勉強会を開催しました!

2018.02.23 | Category: 勉強会

皆さまこんにちは!

2月20日火曜日、育はぐ勉強会を開催しました!

今回の内容は「手先が不器用な子供のリスクと対応」

手先が不器用な大人代表として、とある職員は朝からワクワクしていました。

育はぐの勉強会には、利用してくださっている保護者様や、情報を目にして興味を持ってくださった方々が参加してくださいます。

いろんな立場の目線から、勉強会を通してのコミュニケーションが生まれます。

勉強内容の対象は子どもさんですが、とある職員のように自分自身の苦手な分野をしっかり落とし込める、、「そうだったんだ!」と改めて

気付くことのできる、大人と子どものための勉強会になっています。

 

 

今回は勉強会の中で、工作作りにも取り組みました!

風船人形ってご存知ですか?

今、小学生や中学生の女子たちの間でブームになっているスクイーズ。クニクニブニブニのあれです。

風船を伸ばして、風船の中に小麦粉や片栗粉を割りばしなどの細い棒で落とし入れていく。

実は、その行動こそが第一の対応に繋がっています。

第二の対応は、その風船人形を触って握って遊ぶこと。

手をたくさん使うことで、脳へのアプローチに繋がり、固有受容覚(自分の身体をコントロールする感覚)を育てているのです。

 

「手と口は繋がっている」と言われますが、まさに!!

手を動かしていると、生れ出てくる会話の森。

「鼻に粉が!(笑)」「どんな人形にしよかな~!(笑)」「うわ!粉、散らした~!(笑)」

「もう、無理!粉入れるのやめてもええですか?(笑)」「もうあきらめるんですか?(笑)」

「こういうの意外と好きかもしんない(笑)」・・・お気付きですか?会話の中の「(笑)」の嵐。

様々な立場を越えての「(笑)」の嵐。

そんな中で、完成された風船人形。完成された風船人形一つとっても会話が生まれて笑いに繋がる。

 

 

大人が笑顔だと、子どもは安心します。自身の子ども時代を思い返しながら、今の子どもたちに照らし合わせてみる。

うん。やっぱり笑顔が一番!その笑顔の基は目の前にいる子どもたち。すべては連鎖で繋がっています。

今後も、日々の勉強とその時の気付きを大切に、素敵な連鎖を育みたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

当施設へのアクセス情報

所在地〒790-0913 愛媛県松山市畑寺2-4-11 川又ビル1F
駐車場あり
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号089-931-8989
休診日日曜日
※お盆、年末年始